海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

心筋逆リモデリングでの線維化退縮を跡付け
Reverse Myocardial Remodeling Following Valve Replacement in Patients With Aortic Stenosis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:February 2018
巻:71
開始ページ:860
【背景】
心筋線維化が可逆的であることを示すデータが増えてきている。英University College LondonのMoonらは、重症大動脈弁狭窄症(AS)患者(n=181、aortic valve area index: 0.4 ± 0.1 cm2/m2)の心筋の、弁置換術前後における変化を詳細検討した。UCG・CMR・バイオマーカー・6MWDテストを統合した(生検なし)。
【結論】
術後における、平均弁圧較差の改善(48 mmHgから12 mmHg)とLVマスの19%低減を確認した。 CMRでは、LGEによる限局性線維化は不変だったが、細胞外マトリックス容積の16%減少、それと相関する細胞容積の22%低減により、細胞外容積分画(ECV)が増えた。このような変化は、拡張機能・NT-proBNP・6MWD・NYHA改善を伴っていた。
【評価】
CMRを駆使した非侵襲手法により、肥大心筋の代償不全に伴い発生するびまん性線維化が、回復に伴い局所線維化を残すものの全体的には消退する、という逆リモデリング経路を確認した。細胞とマトリックスが共に縮退する、というのは初めての結果である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site