海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

腎除神経は「やはり」有効?:SPYRAL HTN-OFF MED試験
Catheter-based renal denervation in patients with uncontrolled hypertension in the absence of antihypertensive medications (SPYRAL HTN-OFF MED): a randomised, sham-controlled, proof-of-concept trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:November 2017
巻:390
開始ページ:2160
【背景】
難治高血圧に対する腎除神経術の効果に再びスポットライトが当たっている。University of PennsylvaniaのTownsendら(SPYRAL HTN-OFF MED)は、降圧薬未使用または使用中止したコントロール不良の高血圧患者80名を対象として、経皮的腎除神経術の効果を検証するシャム対照RCTを行った。一次エンドポイントは、3ヶ月後の24時間血圧変動である。
【結論】
腎除神経の一次エンドポイント効果を確認した(24-h SBP:-5.5 mmHg、24-h DBP:-4.8 mmHg、シャム群は変化なし)。有害事象に群間差はなかった。
【評価】
このアプローチに対する本格的検証であったSYMPLICITY HTN-3が、シャム対照試験で「無効」とした結果を覆した(https://vascularnews.com/symplicity-htn-1-spyral-htn-off-med-story-renal-denervation/)。除神経がより徹底的になった点が異なる、という。著者ら自身が今回の試験をproof-of-conceptとしており、この方策の有効性が最終的に確認されたというよりは、新しい出発点に立ったものとみなされる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]

脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]
出版社:協和企画

4,903 円(税込)

胃癌取扱い規約 第15版

胃癌取扱い規約 第15版
出版社:金原出版

4,104 円(税込)

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100
出版社:羊土社

4,104 円(税込)

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!
出版社:南江堂

3,024 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site