FDAニュース : 医療機器情報

乳癌の検診・診断への赤外線サーモグラフィ使用に警告
FDA Warns Thermography Should Not Be Used in Place of Mammography to Detect, Diagnose, or Screen for Breast Cancer: FDA Safety Communication [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/02/25
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Medical Device-
製品名:
企業名:Total Thermal Imaging, Inc.
国内製品名:
国内一般名:赤外線サーモグラフィ装置
国内企業名:
【要約】
FDAは、乳癌の検診・診断のために赤外線サーモグラフィ装置が不適切に使用されていることを警告する。
【詳細】
FDAは、ヘルススパやホメオパシークリニックや検診車などで、乳癌のスクリーニングや診断のために赤外線サーモグラフィ装置が単独で不適切に使用されていることについて警告する。乳癌のスクリーニング法としての赤外線サーモグラフィの有効性は、単独でも他法との併用でも証明されていない。したがって、この方法は有効性が確立しているマンモグラフィーの代替にならない。FDAは、同デバイスの不適切な販売を行っているTotal Thermal Imaging, Inc.とそれを不適切に使用している複数施設に、警告状を送付している。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 乳腺サーモグラフィガイドライン
  2. コンタクトサーモグラフィを用いた乳癌術後の治療方針への応用
  3. サーモグラフィによる乳癌の診断
  4. 乳癌に対するサーモグラフィの診断能と臨床応用
  5. コンタクトサーモグラフィによる乳癌の質的診断と超音波検査, マンモグラフィとの比較
  6. 20年間の乳癌精密検診の成績 -長野県がん検診センター受診例の検討-


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site