FDAニュース : 医療機器情報

パーキンソン病患者の症状軽減のため、Vercise深部脳刺激(DBS)システムを承認
Vercise Deep Brain Stimulation (DBS) System - P150031 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2017/12/08
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Medical Device-
製品名:Vercise Deep Brain Stimulation (DBS) System
企業名:Boston Scientific Corporation
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:
【要約】
FDAは、パーキンソン病患者の運動症状を軽減するため、埋め込み型・充電式のVercise深部脳刺激(DBS)システムを承認した。
【詳細】
FDAは、中等・重度のレボドパ反応性パーキンソン病患者の症状のうち、薬剤でコントロール困難な運動症状を軽減するための補助療法として、埋め込み型・充電式のVercise深部脳刺激(DBS)システムを承認した。
刺激装置を鎖骨部に埋め込み、2本の延長線・リードにより脳に深部刺激を送る。医師はリモコン操作により、Bionic Navigatorソフトウェアでプログラミングした振幅・パルス幅・周波数の多様な組み合わせの低強度電気パルスを両側視床下核へ送ることができる。ただし、充電式電池を無線装置でしばしば充電しなければならない。
禁忌は、ジアテルミー(短波・マイクロ波・治療的超音波)、電気痙攣療法(ECT)、経頭蓋磁気刺激(TMS)、MRI、システム操作不能患者、外科手術不適応患者、試験刺激無効患者である。
関連するメディカルオンライン文献
  1. パーキンソン病の理学療法
  2. パーキンソン病の外科治療 - update -
  3. 脳深部刺激療法 (DBS) の作用機序
  4. (1) 神経疾患に対する脳深部刺激療法の最新知見
  5. 内科 : 神経 パーキンソン病に対する脳深部刺激療法の位置づけ 【STN-DBSは顕著なオフの改善と薬の肩代わり効果, GPi-DBSはオフの改善と直接的なジスキネジア抑制効果を持つ】
  6. パーキンソン病の外科的治療


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site