FDAニュース : 医薬品情報

進行性消化管間質腫瘍(GIST)患者の第4線治療薬としてQinlockを承認
FDA Approves First Drug for Fourth-Line Treatment of Advanced Gastrointestinal Stromal Tumors [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2020/05/15
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:Qinlock (ripretinib)
企業名:Deciphera Pharmaceuticals, Inc.
国内製品名:
国内一般名:
国内企業名:
【要約】
FDAは、承認済みキナーゼ阻害薬3種に不応となった進行性消化管間質腫瘍(GIST)患者の治療のためにQinlock(ripretinib)を承認した。
【詳細】
FDAは、成人の進行性消化管間質腫瘍(GIST)患者の第4選択薬としてQinlock(ripretinib)を承認した(オーファンドラッグ指定)。承認済みキナーゼ阻害薬のうちimatinibを含む3種に不応となった患者が適応となる。本承認は、imatinib・sunitinib・regorafenibで既治療のGIST患者129名の参加した国際的・多施設RCTの結果に基づく。一般的な副作用には、脱毛症・疲労・悪心・腹痛・便秘・筋肉痛・下痢・食欲低下・手足症候群・嘔吐があり、深刻な副作用として、皮膚癌・高血圧・心機能障害の可能性がある。また、胎児や新生児へのリスクもあり、注意を要する。
関連するメディカルオンライン文献
  1. キナーゼ阻害薬か免疫チェックポイント阻害薬か, 殺細胞性抗がん薬の生き残る道は?
  2. 20mmを超える胃上皮下病変の治療方針決定
  3. [1] 分子標的薬 (小分子)
  4. 受容体型チロシンキナーゼRTKがんの特徴と治療戦略
  5. 第4回 臨床で遭遇する問題点を端緒とするリバース・トランスレーショナル研究


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site