FDAニュース : 医薬品情報

白金製剤および一つ以上の他の先行治療後に進行した転移性小細胞肺癌(SCLC)患者の治療のためにKEYTRUDAを迅速承認
FDA approves pembrolizumab for metastatic small cell lung cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2019/06/17
カテゴリー:PRODUCT APPROVALS -Drug-
製品名:KEYTRUDA (pembrolizumab)
企業名:Merck & Co., Inc.
国内製品名:
国内一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)
国内企業名:MSD株式会社
【要約】
FDAは、白金製剤治療中/治療後および一つ以上の他の先行治療後に進行した転移性小細胞肺癌(SCLC)患者の治療のためにKEYTRUDA(pembrolizumab)を迅速承認した。
【詳細】
FDAは、白金製剤治療中/治療後および一つ以上の他の先行治療後に進行した転移性小細胞肺癌(SCLC)患者の治療のために、KEYTRUDA(pembrolizumab:ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体)を迅速承認した。本承認は、2つ以上の先行治療後に進行したSCLC患者83名の参加した、多施設・マルチコホート・非無作為化・オープンラベル臨床試験KEYNOTE-158(NCT02628067)のコホートGとKEYNOTE-028(NCT02054806)のコホートC1の解析結果に基づく。一般的な副作用には、疲労・食欲減退・咳・悪心・便秘があり、重篤な副作用には、肺炎と胸水があった。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 腫瘍随伴症候群としての抗TIF1-γ抗体陽性皮膚筋炎を合併した進展型小細胞肺癌の1例
  2. 肺小細胞癌の分子病態学 ―癌遺伝子と癌抑制遺伝子―
  3. オシメルチニブが効果を示した上皮成長因子受容体T790M遺伝子変異陽性小細胞肺癌の1例
  4. 当院の限局型小細胞肺癌に対するinvolved fieldによる化学放射線療法の治療成績
  5. 完全寛解導入5年後に局所再発した小細胞肺癌に対して救済手術を施行した1例


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site