FDAニュース : 医薬品情報

ロペラミドOCT薬の安全化処置
FDA Drug Safety Communication: FDA limits packaging for anti-diarrhea medicine Loperamide (Imodium) to encourage safe use [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2018/01/30
カテゴリー:PRODUCT SAFETY -Drug-
製品名:Imodium (loperamide)
企業名:
国内製品名:
国内一般名:塩酸ロペラミド
国内企業名:
【要約】
FDAはロペラミドOCT薬の濫用防止のために、製造業者の協力を得て包装改良処置を行った。
【詳細】
FDAは、OTC販売されているロペラミドの濫用が添付文書の警告だけでは抑制できないと判断し、製造業者の協力を得て包装改良処置をとった。製品の誤用・乱用を防ぐため、ブリスターパックなどの個包装に切り替えた上で、一箱中の薬の量も減らした。ロペラミドは消化管のオピオイド受容体に作用して消化管運動を抑制し水分吸収を助けるが、過量服薬ではQT延長・TdP・他心調律異常・心停止などの重篤な副作用を引き起こす。また、同薬は単に過量服用されるばかりでなく、血液脳関門を容易に通過させるべくP糖蛋白質阻害薬と併用され、より麻薬化され濫用されている。
関連するメディカルオンライン文献
  1. II.各論‐鎮吐薬・止痢薬の適正使用
  2. (3) 下痢に使うくすり
  3. 原因別 下痢と便秘の対処法コラム (1)下痢止めの作用機序と適応
  4. 9 下痢
  5. 慢性下痢に対するLoperamide長期投与の有効性に関する報告


FDA(U S Food and Drug Administration)が発表した直近の医薬品(Drug)、医療機器(Medical Devices)に関する安全(Safety)情報・承認(Approval)情報のうち、日本国内に関連した内容を日本語で紹介しています。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site