APTAニュース

自己幹細胞移植で多発性硬化症を鎮静化
NIH: Treatment Using Patients' Own Stem Cells Shows Promise for Knocking MS Into Remission [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

公表日:2017/2/3
カテゴリー:APTA News
【要約】
National Institutes of HealthにおけるNational Institute of Allergy and Infectious Diseases(NIAID)の報告(2017年2月のNeurology誌に掲載)によれば、免疫機能リセット・自己幹細胞移植(HDIT/HCT)により、多発性硬化症(MS)患者の脳病変進行を遅らせ、症状を抑えることができる。
高度免疫抑制を行った上で患者自身の幹細胞を移植するこの治療の結果、MS患者の70%が薬を服用することなく5年間症状から解放されている。この自己造血幹細胞移植治療は、再発・寛解を繰り返している24名の患者を対象に行われたもので、患者は26歳から52歳であった。患者の多くで症状抑制が見られたばかりでなく、何人かの患者では運動機能の回復も見られた。長期の薬物療法より単回の自己造血幹細胞移植の方が有効なのではないかと考えられる。
関連するメディカルオンライン文献
  1. 1 多発性硬化症の病因と病態
  2. 腸内細菌と多発性硬化症
  3. 脱髄疾患*
  4. 多発性硬化症・視神経脊髄炎の分子標的療法
  5. 造血幹細胞


APTA(American Physical Therapy Association)発表の理学療法関連情報から、主な記事(日本語)とそれに関連するメディカルオンラインの文献を紹介しています。
Reprinted from "NIH: Treatment Using Patients' Own Stem Cells Shows Promise for Knocking MS Into Remission", PT in Motion, "02/2017", with permission of the American Physical Therapy Association. This material is copyrighted, and any further reproduction or distribution is prohibited.
(制作協力:Silex 知の文献サービス

【ご利用上の注意】 掲載内容は、国内で販売されている医薬品、医療機器について直接書かれたものではありませんので、該当製品がある場合は、国内の製造・販売元等へご確認ください。

おすすめ書籍:メディカルブックセンター
脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]

脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]
出版社:協和企画

4,903 円(税込)

胃癌取扱い規約 第15版

胃癌取扱い規約 第15版
出版社:金原出版

4,104 円(税込)

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100
出版社:羊土社

4,104 円(税込)

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!
出版社:南江堂

3,024 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site